TOP > 関連記事
関連記事
琉球新報 2014年10月10日 - 記事抜粋 -
太平洋戦争中、全国各地約400の市町村が空襲を受けた。空襲で犠牲者が拡大した背景に「空襲から逃げるな、火を消せ」という防空法制があった。
琉球新報 2014年10月10日
琉球新報 2014年10月10日 - 記事抜粋 -
太平洋戦争中、米軍は日本本土に16万800トンもの爆弾・焼夷弾を投下した。全ての都道府県で約400の市町村が空襲を受け、41万人以上の民間人が死亡した(沖縄の地上戦の死亡者は除く)。
琉球新報 2014年10月10日
毎日新聞 2014年8月19日 - 記事抜粋 -
太平洋戦争中に東京から静岡へ学童疎開した香河郁世さん(80)=目黒区=がこの夏、疎開先から家族に宛てた手紙や絵を都公文書館(世田谷区玉川1)に寄贈した。学童疎開に関する行政文書とともに、同館で開催中の企画展「子どもの見た戦争 手紙が語る学童疎開」で展示されている。
毎日新聞 2014年8月19日
朝日新聞 2014年8月16日 - 記事抜粋 -
第二次大戦で家族を失い、孤児となった子どもたちの実態解明や資料の発掘をしてきた金田茉莉さん(79)=埼玉県蕨市、「戦争孤児の会」世話人代表=を招いた講演会「終わりなき悲しみ」が24日、大磯町で開かれる。
朝日新聞 2014年8月16日
東京新聞 2014年8月16日 - 記事抜粋 -
東京大空襲など全国の空襲被災者、遺族らが十五日、国に救済措置や実態調査を求めて東京都江東区で集会を開いた。全国空襲被害者連絡協議会(東京都墨田区)が主催し、約四百人が参加した。
東京新聞 2014年8月16日
朝日新聞 2014年7月30日 - 記事抜粋 -
消えることのない戦争の傷を隠して生きてきたひとたちがいる。安野輝子さん(75)もそのひとり。6歳で爆撃にあい、左足が吹き飛ばされた。それから69年。本当の戦争がどんなものか伝えたい。隠し続けた足の傷を初めて写真集に収めた。
朝日新聞 2014年7月30日
しんぶん赤旗2014年7月29日 - 記事抜粋 -
戦後70年(2015年)の節目に、国会で超党派の議員による「空襲被害者等援護法(仮称)」の立法をめざす全国空襲被害者連絡協議会(全国空襲連)は28日、日本共産党本部を訪れ、立法化実現への協力や、8月15日に開かれる「全国空襲連・結成4周年の集い」への出席などを要請しました。
しんぶん赤旗 2014年7月29日
東京新聞2014年5月28日 - 記事抜粋 -
太平洋戦争末期、約八千人が死亡したとされる米軍の横浜大空襲から二十九日で六十九年。この空襲で重いやけどを負い、「神奈川県戦災傷害者の会」の会長を務めた鋤柄敏子さんが昨年十二月、九十三歳で亡くなった。戦争の恐ろしさを訴え続けた人生。特定秘密保護法が成立するなど平和憲法が揺らぐ時期の死に、支援者らは「思いを受け継がなければ」と決意を新たにしている。
東京新聞 2014年5月28日
毎日新聞2014年5月13日 - 記事抜粋 -
豊島区の松江きく乃さん(86)方で、戦時中の学童疎開先で撮影された写真12枚と、付き添った教諭の日記が見つかった。学童疎開中の写真は希少で、日記も記録的価値が高く、松江さんは、戦中戦後の生活を伝える国立施設「昭和館」(千代田区)に寄贈した。同館は将来、公開することを検討している。
毎日新聞 2014年5月13日
東京新聞2014年2月28日 - 記事抜粋 -
民間の東京大空襲・戦災資料センター(東京都江東区)などが約三万人の犠牲者名簿を基に、被害の集中度合いや逃げまどった方向を一枚の大きな地図にまとめた。「東京大空襲 いのちの被災地図」として三月一日からセンターで公開する。
東京新聞 2014年2月28日
毎日新聞2013年9月15日 - 記事抜粋 -
太平洋戦争中、米軍は都市を中心に無差別爆撃を繰り広げた。45年3月10日、人口密集地帯が徹底して焼き払われた東京大空襲では、およそ10万人が殺りくされた。膨大な数の遺体がその後どうなったのか、ほとんど知られていない。
毎日新聞 2013年9月15日
東京新聞2013年1月22日 - 記事抜粋 -
10万人もの犠牲を出した東京大空襲から10日で68年。空襲で両親をなくした人の中には、東日本大震災の孤児に自分を重ね合わせる人もいる。あの日からどう生きてきたかを語ることで、震災で家族を失った子どもの心に寄り添えないか―。空襲の孤児だった人たちが模索を始めている。
読売新聞(夕刊) 2013年3月6日
東京新聞2013年1月22日 - 記事抜粋 -
日系ブラジル人向け新聞に、福島原発の求人広告があらわれた。「日当3万円、一日2時間」の好条件。廃炉収束作業の労働者供給基地になっている、広野町のJヴィレッジでは、すでにホールボディーカウンター棟の行列に外国人らしい姿があらわれている、という。
毎日新聞 2013年1月22日
東京新聞2013年1月15日 - 記事抜粋 -
米国はいうまでもなく、世界最強の軍事大国である。その世界一強い軍隊と一緒に戦争をするのが、いま安倍晋三首相がやりたがっている「集団的自衛権」行使である。
東京新聞 2013年1月15日
東京新聞2013年1月1日 - 記事抜粋 -
空を飛ぶ鳥、海を泳ぐ魚、森を走る小動物、川岸で歌う昆虫や田園の作物、その地下に生息するチョウやセミの幼虫、ミミズの果てにいたるまで、わたしたちの世界はいのちの連環でつながっている。そのすべてが、世にもおぞましい放射能に冒されている事実に、思いを馳せることなく、まだ原発をつづけようとするものがいる。神を畏れぬ傲慢、といっていい。
東京新聞 2013年1月1日
毎日新聞2012年8月13日 - 記事抜粋 -
祈ることは重要な行為である。誰でもどこでも、どんな宗教でもできる。世界中の人が行っている。だから祈りという行為を通じて、世界中の人と繋がることができる。そしてその先の一歩を踏み出せる。
毎日新聞 2012年8月13日
東京新聞2012年5月22日
- 記事抜粋 -
東京大空襲訴訟の原告など全国の空襲被害者を救済する援護法案の今国会提出を目指し、議員連盟が作業を急いでいる。よく耳にするのが「戦後六十七年もたって、なぜ今」「財政難で難しい」という声。二つの疑問から救済について考えたい。
東京新聞 2012年5月22日
東京新聞2012年4月26日 - 記事抜粋 -
一九四五年三月の東京大空襲で被災した民間人や遺族ら百十三人が、国が補償などの救済をせずに被害を放置したのは違憲だとして総額十二億四千三百万円の損害賠償と謝罪を求めた訴訟の控訴審の判決で、東京高裁は二十五日、訴えを退けた一審東京地裁判決を支持し、原告側の控訴を棄却した。原告側は最高裁に上告する方針。
東京新聞 2012年4月26日
毎日新聞2012年4月26日 - 記事抜粋 -
東京大空襲の被害者・遺族ら計113人が、戦後の救済措置を怠ったなどとして国に総額12億4300万円の賠償などを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(鈴木健太裁判長)は25日、原告側敗訴とした1審判決(09年12月)を支持し、控訴を棄却した。原告側は上告する方針。
毎日新聞 2012年4月26日
東京新聞2012年4月16日 - 記事抜粋 -
「『恥ずべき事実』として口止めされてました」。真珠湾攻撃と米国への宣戦布告から、わずか四カ月後の一九四二年四月にあった首都東京への初空襲。国民が勝利を疑わずに突き進む中、被害は伏せられた。
東京新聞 2012年4月16日
東京新聞2012年4月14日 - 記事抜粋 -
真珠湾攻撃からわずか四カ月後、荒川区は米軍による日本初の本土空襲を受けた。太平洋戦争初期に起きたこの「尾久初空襲」を後世に語りつぐコンサートが十五日午後一時半から、同区荒川のサンパール荒川大ホールで開かれる。
東京新聞 2012年4月14日
毎日新聞2012年2月15日 - 記事抜粋 -
第二次大戦末期、約10万人が犠牲になった東京大空襲などの戦災体験者らが13日、ドイツの空襲被災都市ドレスデンを訪問し、現地の体験者と交流した。1945年2月13日は約2万5000人が死亡したドレスデン大空襲があった日で、被災から67年目のこの日、日独の戦災体験者が追悼行事に参加し、共に祈りをささげた。
毎日新聞 2012年2月15日
朝日新聞2012年2月14日 - 記事抜粋 -
太平洋戦争時の空襲で被災した民間人を新たな立法によって救済しようと、国会議員と被害者たちによる対話集会が13日、千代田区永田町の衆院第2議員会館で開かれた。平均年齢80歳を超える被害者たちは口々に早期の救済を訴えた。
朝日新聞 2012年2月14日
婦民新聞2011年12月20日 - 記事抜粋 -
「朗読とお話の夕べ・東京大空襲―心をこわされた子どもたち」が十一月二十六日夜、開催されました。浅見洋子さん(品川支部)の八冊目の詩集『独りぽっちの人生(せいかつ)』の出版を記念し、同時に東京大空襲訴訟を支援するために計画されたものです。
婦民新聞 2011年12月20日
東京新聞2011年9月7日 - 記事抜粋 -
作家の大江健三郎さんらが6日、東京都内で記者会見し、19日に東京・明治公園で開催する「さようなら原発5万人集会」への参加を呼び掛けた。
東京新聞 2011年9月7日
沖縄タイムス2011年8月12日
- 記事抜粋 -
空襲や艦砲射撃などの戦争被害者の救済を求め、全国各地の関係者が初めて集う「民間戦争被害者の差別なき国家補償を求める沖縄交流集会」が11日、那覇市の県男女共同参画センター「てぃるる」で開かれた。
沖縄タイムス 2011年8月12日
中国新聞2011年7月4日
- 記事抜粋 -
太平洋戦争の民間人被害を国が補償する「空襲被害者等援護法」(仮称)の制定を目指す動きが加速している。先月発足した超党派の議員連盟が法案を来年の通常国会に提出する方針だ。
中国新聞 2011年7月4日
東京新聞2011年3月9日 - 記事抜粋 -
先の大戦で空襲の被害に遭った人への補償の法制化を進める「空襲被害者等援護法を実現する議員連盟」(仮称)が近く発足することになった。
東京新聞 2011年3月9日
しんぶん赤旗2011年1月13日 - 記事抜粋 -
第2次世界大戦中の東京への空襲で被害にあった被害者と遺族114人が、日本政府に謝罪と補償を求めている東京大空襲訴訟控訴審の第2回口頭弁論が12日、東京高裁(東京都千代田区)で開かれました。
鈴木健太裁判長らは、同訴訟原告団・弁護団が求めていた原告4人の証拠調べを決定しました。
しんぶん赤旗 2011年1月13日
朝日新聞2010年3月9日 朝日新聞2010年3月10日
朝日新聞 2010年3月9日 朝日新聞 2010年3月10日
↑ページTOPへ
TOPページへ
概要
各地の活動
入会ご案内
活動報告
署名のお願い
参加団体
関連記事
書籍紹介
運営ポリシー 関連サイト サイトマップ お問い合わせ